目のチカチカが辛い光視症の原因は、ストレス!?

光視症の原因について

 

最近増えている目のトラブルとして、
光視症という症状があります。

 

様々な体の不調、目のトラブルの原因としても
時々取り上げられるストレスですが、この光視症とも
何か関係があるのでしょうか?

 

今回この記事では、そのような点について、
調べてまとめてみました。

 

知らず知らずのうちにストレスがたまっているかもしれない、
という方、目のトラブルを感じているという方は、
ぜひ参考にしてみてください。

 

この記事がお役に立てれば、嬉しく思います。

 

光視症の主な原因は網膜剥離

 

光視症の原因について

 

光視症を発症した場合、まず第一に疑われる病気は、
網膜剥離や網膜剥離の一つ前の症状である
網膜裂孔という病気です。

 

網膜裂孔という段階で見つけることができれば、
網膜剥離してしまった場合よりも、
治療はしやすいと言われています。

 

しかし、網膜裂孔も放っておくと、ほとんどの場合、
いずれ網膜剥離につながっていきます。

 

網膜剥離は最悪の場合、
失明にもつながりかねない重大な病気です。

 

ストレスが原因の網膜剥離

 

光視症の原因について

 

網膜剥離を起こすと光視症が現れますが、
その原因のひとつは、ストレスです。

 

ストレスは、体にとって毒と言われています。

 

ストレスが溜まることで体の中の老化成分と言われている、
活性酸素が大量に発生します。

 

それが、硝子体という、網膜剥離の原因となってしまう
組織の形を変化させてしまうんです。

 

ストレスが原因の近視

 

光視症の原因について

 

また、ストレスは網膜剥離の原因となってしまう
近視の悪化に繋がります。

 

近視の原因は、目のピントを合わせる機能の低下ですが、
それがストレスにより、筋肉が常に緊張していることで
その能力がどんどんと低下していくんです。

 

結果として、近視の悪化が進むというわけです。

 

ひどい近視の方は、近視ではない人と比べて、
目の奥行きが長いという特徴があります。

 

それで、眼球が丸い状態ではなく、
楕円形に近い形になっていきます。

 

そのようにして引き伸ばされた網膜はもろく、
網膜剥離や網膜裂孔を起こしやすい状態なのです。

 

そのように、ストレスが原因となり、進行した網膜剥離が原因で
光視症を引き起こす場合があります。

 

ストレスと光視症

 

光視症の原因について

 

このように、ストレスが直接、
光視症の原因となるという場合もあります。

 

さらに、ストレスが原因で近視が進むことや
網膜がもろくなることで、光視症の原因となる場合があります。

 

ストレスを全くなくするということは難しいかもしれませんが、
出来る限りストレスを軽減し、それを発散する方法について
知っておくことで、目の健康はもちろん、
身体全体の健康を守っていきましょう。

 

 

光視症改善 ランキング