光視症を発症してしまった!原因不明のときに考えてみたいこと

光視症の原因について

 

現代人の中には、プライベートだけでなく、
仕事の時にもスマートフォンやパソコンを使用するという方も
多いと思います。

 

そのように、目を酷使している現代人は、
様々な目のトラブルを感じています。

 

ドライアイや目の疲れ、近視の悪化などがありますが、
最近若い方でも症状を感じているという方が
増えているものの一つに、光視症という病気があります。

 

光視症

 

光視症の原因について

 

光視症は、これまで中高年やそれ以上の年代の方に
多い病気だとされていましたが、最近では若い方も
光視症にかかる方が増えているんです。

 

光視症の原因として考えられることは、色々とあります。

 

しかし、光視症の原因がわからないまま過ごしているという方や、
受診していない、という方も少なくありません。

 

原因がわからないのに症状が出ているというのは、
気持ちの悪いものですよね。

 

今回この記事では、最近患者さんが増えているという光視症の
原因が不明の時に一度考えてみたい、可能性について、
調べてまとめてみました。

 

目がチラチラする症状で悩まされているという方、
原因がわからなくて不安だ!という方は、
ぜひ参考にしてみてください。

 

この記事がお役に立てれば、嬉しく思います。

 

原因不明の光視症 考えたいこと

 

光視症の原因について

 

強い衝撃を受けていないか?

 

光視症の主な原因は、網膜剥離の初期症状です。

 

網膜剥離の一歩手前の、
網膜裂孔という症状のサインかもしれません。

 

網膜剥離と言うと、高齢の方に多い病気だと思われていますが、
若い方や子供でも網膜剥離を起こす可能性はあります。

 

その原因の一つに、強い衝撃を目の周りに受けた
ということが考えられます。

 

怪我をした直後に病院に行ったとしても、
この網膜剥離は発見できないという場合があります。

 

光視症の原因が不明という方は、
最近そのような衝撃を受けなかったかどうか、
ふりかえってみてはいかがでしょうか?

 

もし心当たりがあるのなら、もう一度改めて
専門医に相談することをおすすめします。

 

脳の病気はないか?

 

中高年の方に多い光視症の原因としては、
脳の病気も考えられます。

 

脳梗塞や脳出血のサインとして光視症が起こる場合もあります。

 

強い衝撃を受けた記憶もなく、原因が不明だという場合には、
疑った方が良いかもしれません。

 

眼科を受診するだけでは見つからず、
原因が不明のままの場合があります。

 

気になる方は、脳神経外科などの受診も必要かもしれませんね。

 

 

光視症改善 ランキング