コンタクトが原因で、光視症が起こることはありえる?

光視症の原因について

 

コンタクトの使用が原因で光視症が起こるということが、
あり得るのかどうか?どのような関係があるのか?
という点について、調べてまとめてみました。

 

コンタクトを使用している方や目がチカチカするという症状で
悩まされている方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

この記事がお役に立てれば、嬉しく思います。

 

コンタクトと近視

 

光視症の原因について

 

光視症の主な原因は、網膜剥離です。

 

若い方が、網膜剥離を起こしてしまう時に考えられる原因として、
度のあっていないコンタクトを使い続けた、
という可能性があります。

 

コンタクトをまとめ買いしているという方も多いかと思いますが、
度が合わなくなっても残っているコンタクトが終わるまで
使い続ける!という方は少なくありません。

 

日本人の3人に1人は近視だと言われているので、
それだけコンタクトを使用している方も多いかと思いますが、
合わないコンタクトは目の健康を妨げてしまいます。

 

コンタクトは、近視の方の目のピントを
合わせる機能を助けてくれます。

 

しかし、この時、ピントの合っていないコンタクトを
使い続けることで、ピントを合わせる目本来の調整する能力が
さらに弱くなってしまうんです。

 

それは、近視を悪化させる原因となります。

 

悪化した近視は網膜剥離の原因に

 

近視の方は目の奥行きが長いことで網膜が健康な人よりも
引き伸ばされているため、網膜剥離になりやすいというわけです。

 

それで、ちょっとした刺激でも網膜剥離や、
網膜剥離の一歩手前である網膜裂孔、という症状を
引き起こしてしまいます。

 

そのように網膜剥離の悪化が進んでしまうと、
光視症などの症状が現れるというわけです。

 

目をこする習慣

 

またコンタクトをしている方は、多かれ少なかれ、
少しの違和感がありますよね。

 

コンタクトを使用していることが原因で、目をこすったり、
目の周りを触ることが習慣になっている方も多いようです。

 

そのような刺激が積み重なることは、
網膜剥離の原因となります。

 

コンタクトと光視症

 

光視症の原因について

 

結論として、コンタクトそのものが網膜剥離や
光視症の原因となる、ということはないようです。

 

しかし、度の合わないコンタクトやコンタクトが原因となって、
起こる目へのストレスは、網膜剥離、光視症の症状につながる
ということが言えます。

 

それで、大切なのは自分に合ったコンタクトを
正しい仕方で使うこと、目のトラブルを感じた時には
使用を中止し、医師による診察を受けることです。

 

普段からメンテナンスを定期的に行い、
目の健康を保つようにしたいものですね。

 

 

光視症改善 ランキング